/

この記事は会員限定です

LNG、1年ぶり高値 中韓の調達拡大

アジア市場スポット、日本の輸入に波及も

[有料会員限定]

アジア市場で液化天然ガス(LNG)のスポット(随時契約)価格がおよそ1年ぶりの高値を付けた。産業用需要が旺盛な中国が石炭の代替燃料として輸入を増やした。韓国は厳冬による需要増をにらみ調達に動いた一方で、産ガス国の生産トラブルも重なって需給が締まった。日本の輸入価格も上昇に転じそうだ。

LNGの東アジアのスポット価格は現在、100万BTU(英国熱量単位)あたり6.8ドル前後。直近の底値を付けた半年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン