多様性は企業・組織の活力 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

多様性は企業・組織の活力

インド三井物産 社長 ファイサル・アシュラフ氏(下)

[有料会員限定]

インド三井物産のファイサル・アシュラフ社長は、金属資源部門を振り出しに、社内向けの人材開発プログラムの策定や導入にも関わってきた。アシュラフ氏が一貫して強調するのは、多民族・多宗教国家であるインドで培った多様性が企業や組織の活力につながるとの思いだ。

――人材育成にも熱心に取り組んだそうですね。

三井物産が2018年に世界中の優秀な外国人の人材を集めて、リーダーシップ育成のプログラムを始めまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2529文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません