/

この記事は会員限定です

「排出ゼロ」、食べて解決

CO2、肉・酒に変身 食料危機の対策にも

[有料会員限定]

21世紀半ばに温暖化ガス排出量の「実質ゼロ」をめざす動きが世界に広がる。やむを得ない排出分を回収などで差し引きゼロにできるかが問われる。食料危機も見据え、二酸化炭素(CO2)を人工肉や酒に変えて「食べる」技術の開発にスタートアップが乗り出した。今は基礎研究の印象が強いが、CO2を資源とみる「カーボンリサイクル」への期待は膨らむ。

東大発ベンチャーのCO2資源化研究所(東京・港)は、水素をエネルギー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン