/

この記事は会員限定です

6G研究開発へ基金

総務相表明、1000億円規模で調整

[有料会員限定]

武田良太総務相は13日、2030年代の実用化を目指す通信規格「6G」の研究開発に充てるための基金を創設すると表明した。政府・与党が年末にまとめる20年度第3次補正予算案に関連費を盛り込む。米中なども研究費の確保を急いでおり、日本が国際競争で後れを取らないようにする。

自民党本部で二階俊博幹事長と会談後、記者団に明らかにした。「将来の産業や社会活動の基盤となる6Gの国際競争に勝つため官民で研究開発に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン