学校・職場にアバターロボ
アイプレゼンス、家で教室の臨場感 ミラロボティクス、5Gで遠隔警備

スタートアップ
エレクトロニクス
2020/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

学校や職場でアバター(分身)ロボットの活用が広がり始めた。自宅から授業に参加したり、遠隔でビルの見回りをしたり。新型コロナウイルスの感染予防でロボットが普及するなか、アバターなら病気を抱える人の社会進出や人手不足などの課題解決につながる。高速通信規格「5G」を追い風にテレワークに続く次世代コミュニケーションとして定着するか。

9月、神戸市内にあるビルの一室で男子高校生がタブレット端末を前に数学の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]