/

この記事は会員限定です

陶駒会の恩師 小野尚

[有料会員限定]

東大名誉教授で行政学・地方自治論の大家、大森彌(わたる)先生との出会いは1979年、大学1年のときだ。39歳の先生が主宰する日本官僚論のゼミは毎回1冊、課題図書のリポートを書き、皆で議論する。きつかったが、先生の話は新鮮かつ刺激的。90年代には厚生省の研究会座長を務め、介護保険制度の骨格を作った。

温かい人柄にもひかれた。ちょうど帰宅する方向が一緒で、よく池袋で途中下車して日本酒を飲んだ。先生は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません