/

この記事は会員限定です

移民「出稼ぎ」のみならず

不確実な時代の幸せ探し 立教大学教授 石井正子

[有料会員限定]

外国人材は受け入れても移民は受け入れない。現政権の立場である。しかしそれは「永住を意図として移り住んだ人」と移民を定義するからで、日本に暮らす外国人は約293万人(2019年)に上る。永吉希久子著『移民と日本社会』(中公新書・20年)は、2065年までに移民的バックグラウンドを持つ人口割合は12.0%になるという推計を紹介している。日本は移民社会への途上にある。

●出身社会の事情も

19年の改正出入国管理法施行なども...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン