/

この記事は会員限定です

トンネル修繕、3割未了

国交省 全国の対象2200カ所調査

[有料会員限定]

2014~18年度のインフラ一斉点検で「緊急」または「早急」に修繕すべきだと判定された都道府県管理のトンネル2196カ所のうち、今年3月末時点で29.1%の修繕が終わっていないことが21日、国土交通省の調査で分かった。国交省の担当者は「通行規制などをしており、すぐに事故が起きる危険性が高いわけではないが、早めの対応が望ましい」としている。

修繕対象のトンネルは都道府県によって3~184カ所と幅が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません