/

この記事は会員限定です

総額表示は誰のため?

「義務化」に揺れる出版界

[有料会員限定]

書籍は「本体○円+税」など消費税別の表示が普及している。ところが2021年3月末、税抜き表示を認める特措法が期限切れとなることから出版界が揺れている。

商品やサービスの値段に総額表示が義務付けられたのは04年4月。出版社は書籍に挟む注文カード「スリップ」に総額を表示することにした。「日本雑誌協会 日本書籍出版協会50年史 Web版」によると、1989年の消費税導入時には、総額を表示するカバーへの取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン