/

この記事は会員限定です

日産 回復出遅れ鮮明

7~9月 競合は黒字転換 赤字縮小、資金繰りメド

[有料会員限定]

日産自動車が12日発表した2020年7~9月期の連結最終損益は443億円の赤字(前年同期は589億円の黒字)だった。大半が最終黒字となった同業他社と比べ、赤字が続き財務は悪化する。コスト削減で4~6月期より赤字額は縮小しており、販売などの巻き返しが今後の焦点となる。(1面参照

日産の7~9月期の世界販売台数は前年同期比17%減の105万台。トヨタ自動車(8%減)やホンダ(1%増)などよりも落ち込みは大きい。

過去の拡大路線の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン