/

この記事は会員限定です

検査 2.4万機関指定

1日50万件採取可能に

[有料会員限定]

厚生労働省は12日、新型コロナウイルスへの感染が疑われる発熱患者らの診療や検査を担う身近な医療機関として、全国の都道府県が2万4629医療機関を「診療・検査医療機関」に指定したと発表した。

懸念されるインフルエンザとの同時流行時には、鼻の粘液などの検体採取が1日最大50万2773件できるようになるという。

厚労省はインフルとの同時流行に備え、かかりつけ医など身近な医療機関で検査が受けられるよう10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン