/

この記事は会員限定です

アジア開発、沈む陸地 12億人に水害リスク

取水・採掘…成長に代償

[有料会員限定]

アジアの都市で地盤沈下が進み、水害リスクが高まっている。異常気象や温暖化による海水面の上昇も相まって、アジアの全人口の約3割を占める12億人が洪水などの危険と隣り合わせで生活する。世界経済の成長をけん引するアジアでの水害リスクの高まりは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の経済回復にも影を落とす。

10月上旬、タイを南北に流れる大河、チャオプラヤ川が氾濫し、首都バンコク近郊で寺院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません