/

この記事は会員限定です

米国の選択と世界の試練(下)試される「資本主義の砦」

経済、失速と分断の足音

[有料会員限定]

「米国は帰ってきた(アメリカ・イズ・バック)」。バイデン米大統領が就任後初めて国際舞台に立った2021年6月の英国の主要7カ国首脳会議。話しかけられたマクロン仏大統領はこう返したという。「そうですか。それはいつまで?」

バイデン氏が今回の中間選挙中に明かしたエピソードは、政治不安で内向き志向に陥りがちな米国に対する世界の不信感を如実に示している。

機能不全を警戒

トランプ前政権時代に激化したフラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません