/

この記事は会員限定です

後続の原発、課題多く 地元同意や核のごみ処分

[有料会員限定]

女川原発2号機は再稼働の見通しが立ったものの、原発の課題はまだまだ多い。次の候補となる東京電力の柏崎刈羽原発は地元同意が見通せない。福島第1原発の処理水や核のごみ処分など未解決の問題が残る。

東日本大震災後に西日本で計9基の原発が再稼働した。このうち8基は点検や訴訟で停止しており、現時点で実際に運転中なのは玄海原発4号機のみだ。国は30年度の電源構成で原発の割合を20~22%とする。18年度の約6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン