/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、4~9月最終赤字367億円

来店客戻らず、手元資金流出続く

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングス(HD)が11日発表した2020年4~9月期の連結決算は、最終損益が367億円の赤字(前年同期は75億円の黒字)だった。新型コロナウイルス禍で来店客が戻らず、売上高は3357億円と42%落ち込んだ。事業売却などで資金の捻出を急ぐが、本業で現金を稼ぐ力が低下しており、手元資金の流出に歯止めがかからない。

「仮にコロナが落ち着いたとしても、売上高が感染拡大前の19年3月期の水準に戻るとは考えにくい」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン