/

この記事は会員限定です

縛られる日本人 メアリー・C・ブリントン著

「仕方ない」の連鎖、少子化招く

[有料会員限定]

子どもを持ちたい人は多いのに、子どもの数が減り続けているのはなぜか。本書は長年日本を観察し続けてきた米国人研究者による、日本の少子化問題に対する厳しくも愛のある提言書である。

本書の前半は、複数の日本人男女に対する綿密なインタビュー調査から得られた知見で構成されている。浮かび上がってきた実態を端的に表すのは、日本人の「仕方がない」という言葉だ。そこにあるのは、子育てをしたくても評価が下がることや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません