/

この記事は会員限定です

三井住友銀系、コンビニ収納を年800万件に拡大

[有料会員限定]

三井住友銀行とNECが共同で出資するブリースコーポレーション(東京・渋谷)は、スマートフォンを使ったコンビニ収納サービスの利用件数を2020年度に800万件と、前年度の約300倍に引き上げる計画だ。コンビニなど利用できる場所を増やし、顧客の利便性を高める。

同社は10日、コンビニ収納サービスの「ペイスル」を全国のファミリーマートで使えるようにすると発表した。既にミニストップローソン、セブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン