/

この記事は会員限定です

謙虚さ忘れず本質に迫る

インド三井物産 社長 ファイサル・アシュラフ氏(上)

[有料会員限定]

インドの人口は2023年には中国を抜いて世界一になる見通しだ。約14億人の巨大市場での事業拡大に向けて三井物産は20年、現地法人のトップにファイサル・アシュラフ氏(56)を抜てきし、同社では初の現地出身者の海外現法社長となった。首都ニューデリーなどを拠点に200人超の社員を率いるアシュラフ氏は、新興国での事業を担う要諦として異彩を放つ。

――日本の商社に入社した経緯を教えてください。

「1980...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2572文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません