/

この記事は会員限定です

黄金しょうがスープ(青山学院大)

改良重ね16回、SNSで発信

[有料会員限定]

青山学院大経営学部の学生らが粉末スープなどを取り扱う松原食品(福岡県)と協力し、高知県産のショウガを使った「黄金しょうがスープ」を商品化した。ショウガと酒かすを配合し、体を温める効果がある。開発に関わった学生は「冷え込む入試シーズンに受験生を応援する商品になれば」と話す。

商品は1袋2食入りで250円(税抜き)。お湯に溶かす粉末タイプで、全国のスーパーなど小売店やインターネットで販売している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン