/

この記事は会員限定です

広島大OI事業本部

産学連携へ外部人材活用

[有料会員限定]

地方の国立大学でも研究の事業化や国際化などの変革は可能だと、広島大学の挑戦が続いている。外部企業との共同研究を推進し、その成果を起業に結びつけるための組織、オープンイノベーション(OI)事業本部を立ち上げた。米国の大学を広島に誘致し、中国の大学に広大の分校を開設するなど、国際化も着々と進める。越智光夫学長が先頭に立ち、一連の改革を指揮している。

越智学長は医学部出身で、再生治療の権威でもある。学長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン