/

この記事は会員限定です

英、気候変動の影響開示を企業に義務化

25年までに完全実施

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】英国のスナク財務相は9日、気候変動が財務や事業に与える影響に関する情報の開示を、企業に義務付けると表明した。2025年までの完全実施をめざす。市場や金融業界における気候変動対応で世界を主導したい考えで、グリーンボンド(環境債)を21年中に発行する計画も打ち出した。

気候変動情報の開示義務化は、国際的な枠組みである「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に沿って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン