/

この記事は会員限定です

マツダ 7~9月販売「回復想定以上」 副社長ら強気

4~9月最終赤字

[有料会員限定]

マツダが9日発表した2020年4~9月期の連結決算は、最終損益が930億円の赤字(前年同期は166億円の黒字)だった。日本や欧州、北米などの地域における販売減が大きく響いたが、幹部は9日の電話会見で「9月までの販売台数の回復は想定以上」だと強調、強気の発言が目立った。販促費の抑制や技術開発の効率化を進め、損益分岐点を下げていく考えも示した。主な質疑応答は以下の通り。

――新型コロナウイルスの影響で厳しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン