/

この記事は会員限定です

ミツカリ代表 表孝憲氏

人事の「適材適所」後押し

[有料会員限定]

「人材のミスマッチをなくしたい」。企業の採用業務を支援するミツカリ(東京・渋谷)の表孝憲代表は力を込める。心理学を活用した独自の適性検査で採用候補者の性格や仕事観を可視化し、企業の人事の「適材適所」を後押しする。

2006年に京都大法学部を卒業し、モルガン・スタンレー証券(当時)に入社。1年目から面接官として採用活動に関わるなかで、入社からすぐに退社してしまう後輩社員を何人も見た。

「『社風や仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン