/

この記事は会員限定です

児童手当など見直しも

待機児童解消へ財源探し

[有料会員限定]

待機児童の解消に向けた政府の新たな計画作りで財源探しが難航している。2024年度末までに最大14.1万人分の保育の受け皿が必要との試算があり、費用は約1500億円に上るとみられる。企業の追加拠出や、高所得者の児童手当の見直しなどが浮上する。新型コロナウイルス禍で経済は厳しく、負担増や給付減につながる案には与党内で慎重論も根強い。

坂本哲志一億総活躍相は6日の記者会見で、保育の受け皿の整備について「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン