/

この記事は会員限定です

「脅威克服へ国際連携を」 日経・FT感染症会議

IT活用、社会革新が必須

[有料会員限定]

世界で脅威となる感染症の対策について国内外の専門家が話し合う「第7回日経・FT感染症会議」(主催・日本経済新聞社、共催・英フィナンシャル・タイムズ)は6日開幕し、新型コロナウイルスの対策などについて意見を交わした。感染拡大を防ぐには国際的な連携が必要だと強調するとともに、IT(情報技術)などを活用した社会革新が欠かせないとの意見が相次いだ。

基調講演で英ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長のピータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン