/

この記事は会員限定です

人生は歌声とともに

坂井修一

[有料会員限定]

ときどき、無性にエディット・ピアフの歌声が聴きたくなる。

幾多の伝説に彩られたこの歌姫は、その小さな体から、声とともにとてつもないオーラを発する。

「愛の讃歌」や「バラ色の人生」ももちろん良いが、私は、「パダム・パダム」「ミロール」「ナントの囚人」などのほうが好きだ。

ピアフは娼館で育てられ、幼い頃は目が見えなかった。ストリート・シンガーからナイトクラブの歌い手、やがてフランスを代表する歌手となっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン