/

この記事は会員限定です

「酒酔い運転」の「酒気帯び」との違い アルコール濃度関係なく

弁護士 志賀剛一さん

[有料会員限定]

酒を飲んで自動車を運転し、物損事故を起こしてしまいました。警察から「酒酔い運転」と言われましたが、「酒気帯び運転」と何が違うのでしょうか。

酒を飲むと判断力や運動機能が低下し、車を運転すれば交通事故を引き起こす危険性が高まります。道路交通法(道交法)65条1項は「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と定めています。

酒気帯び運転をした者に対する罰則として、道交法117条の2の2第3号は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン