/

この記事は会員限定です

命のドローン、新興国飛ぶ

ウイングコプターCEO トム・プルマー

[有料会員限定]

小型無人機ドローンが時速100キロメートル以上のスピードで南太平洋の島国バヌアツの空を駆け抜ける。医療施設がない過疎地に暮らす人々にワクチンを運ぶためだ。機体には「WINGCOPTER(ウイングコプター)」と書かれている。

「命を救うことこそが、ドローンの真の用途だ」。ドイツのヘッセン州ダルムシュタットに本社を置くドローン製造スタートアップ、ウイングコプターの最高経営責任者(CEO)のトム・プルマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン