/

この記事は会員限定です

塩野義、中国データで創薬

合弁設立、3億人分を活用 健康づくり基盤提供

[有料会員限定]

塩野義製薬がデジタル技術を軸にビジネスモデルの転換に挑んでいる。タッグを組むのは、中国保険最大手の中国平安保険グループだ。同社が持つ3億人超の健康データを基に新薬を開発し、個別の疾病予測など新たなサービスも創出する。治療だけでなく予防や予後までカバーする「ヘルスケアプラットフォーマー」への脱皮を目指す。

「日本でやれないようなことが中国ではできる。自由度は相当高い」

塩野義の手代木功社長は10月、平安保険と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン