/

この記事は会員限定です

東芝系、太陽光で動く水量計

水力発電向けに投入

[有料会員限定]

東芝子会社の東芝エネルギーシステムズは、山あいなどにセンサーを設置して雨量や河川水位のデータを収集するサービスで、太陽光発電で動き続ける無線機器を新たに投入する。水力発電事業者などの需要を想定しており、電池交換の手間が省けデータ収集の作業負担を軽減できる。再生可能エネルギーへの関心は高まっており、水力発電の効率化につなげる。

2020年度内に投入する。新たな無線機器は太陽光発電で稼働し、山あいなどでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン