/

この記事は会員限定です

首相「法に基づく人事」 野党「根拠が不透明」

学術会議、衆院予算委で論戦

[有料会員限定]

菅義偉首相は4日、衆院予算委員会で立憲民主党の枝野幸男代表ら野党との論戦に臨んだ。争点となったのは日本学術会議の推薦を受けながら首相が6人の候補を会員に任命しなかったことだ。野党は理由や根拠が不透明だと主張したのに対し、首相は「法律に基づいている」と強調した。(関連記事政治面に

立民の枝野氏のほか、共産党の志位和夫委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表の野党3党首らが質問した。玉木氏や日本維新の会は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン