/

この記事は会員限定です

血液採取せず汗で検査

山形大が研究拠点 医・工学部が連携

[有料会員限定]

山形大学は患者の健康状態をより簡易に測定する「スマートデジタルヘルスセンシング」の研究拠点をつくる。医学部と工学部が連携し、血液の代わりに汗で成分を検出するといった研究を推進する。企業にも参加を呼びかけ、今後3年で実用化に向けた拠点づくりにつなげる。

有機材料を研究する長峯邦明准教授を中心とするデバイス開発と、医学部が担...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン