/

この記事は会員限定です

米大統領選、異例の激戦 開票続く

郵便投票で決着へ 投票率、100年ぶり高水準も

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】米大統領選は3日投開票され、共和党の現職、ドナルド・トランプ大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が大接戦を繰り広げた。集計に時間がかかる激戦3州の郵便投票が結果を左右する。米メディアが勝敗未定とするなか、トランプ氏が4日未明の演説で「勝利した」と一方的に宣言する異例の事態となった。(関連記事総合1総合2国際1国際2面に

大統領選は各州に割り当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン