/

この記事は会員限定です

「横綱の義務」果たせ

横綱審議委員会 矢野弘典委員長に聞く(上)

[有料会員限定]

朝乃山、正代と続けざまに新大関が誕生し、世代交代の波が押し寄せる大相撲。ともに35歳のベテラン横綱、白鵬と鶴竜は相次ぐ故障で皆勤もままならず、横綱審議委員会は11月場所(8日初日・両国国技館)の結果次第で「激励」などの決議を出す方針を示している。キャリアの終盤を迎えた2横綱に求めるものや評価について、横審の矢野弘典委員長に聞いた。

(聞き手は本池英人)

――横審は成績不振などの横綱に対して「激励」「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン