携帯2社、5G投資4兆円 ソフトバンク・KDDI
今後10年で 国内景気けん引

2020/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内通信大手が次世代通信規格「5G」(総合・経済面きょうのことば)のインフラ整備向けの投資を大幅に増やす。ソフトバンクとKDDIは今後10年の基地局整備などにそれぞれ2兆円を投じる。通信業界は約10年ごとに規格の世代が変わり、設備の大規模更新が必要になる。前世代の4Gと比べて5Gはスマートフォンやネットサービスなど関連産業の裾野が広く、景気を下支えしそうだ。

ソフトバンクはこのほど2030年度ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]