/

この記事は会員限定です

(社説)期待を裏切った上場郵政の5年間

[有料会員限定]

日本郵政グループが株式上場から5年の節目を迎えた。持ち株会社の日本郵政と、その傘下子会社のゆうちょ銀行かんぽ生命保険3社の株価は低迷する。個人投資家の人気を集めた2015年11月4日の上場初値に比べて4~5割安の水準だ。

国内最大40万人の従業員を抱える郵便・金融事業を民営化する大規模プロジェクトの進捗は当初の期待を裏切り、今後の収益環境も厳しい。迷走してきた経営戦略や企業統治(ガバナンス)の立て直しへ、日本郵政の増田寛也社長ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン