/

この記事は会員限定です

佐川急便、ドローン配達

22年度中、島根など3県で

[有料会員限定]

SGホールディングス(HD)傘下の佐川急便が、2022年度中にドローンを使った配達に乗り出す。ドローンの飛行条件の規制が同年度中にも緩和される見通しになったことを踏まえた。荷物の量に比べ配送区域が広い過疎地を抱える島根など3県で導入する。20年12月から小型荷物を携行した実証実験を行う。国内の人手不足に対応する。

政府は現在、有人地帯でのドローンの使用は飛行ルート周囲を地上から見張る「補助者」がいる場合などで認めてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン