/

この記事は会員限定です

ESGマネー導く条件

シニアライター 山下真一

[有料会員限定]

政府、企業が脱炭素などESG(環境、社会、企業統治)の理念実現へギアを上げ始めた。投資家も追いかけるが様々な壁が立ち塞がる。企業の情報開示や評価の改善を急ぎ、投資マネーの力を正しく発揮させる必要がある。

世界の投資家と非政府組織(NGO)が企業の人権への取り組みを格付けする「企業人権ベンチマーク(CHRB)」。2018と19年、高格付け2位に英豪資源大手リオ・ティントを選んだ。人権への取り組みを高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン