/

この記事は会員限定です

大泉工場と高崎健大、「発酵菌」を共同研究

働き・メカニズム解析、健康効果高い商品を開発へ

[有料会員限定]

調理器具の輸入販売や飲食業を手がける大泉工場(埼玉県川口市)は高崎健康福祉大学(群馬県高崎市)と「発酵菌」の共同研究を始めた。乳酸菌や酢酸菌の働きや発酵のメカニズムを解析し、自社で製造する発酵飲料「コンブチャ」の改良や新商品の開発につなげるねらいだ。

コンブチャは紅茶に砂糖と酵母菌を加えて発酵させた飲料。健康や美容に良いとのイメージから海外で人気が高まっており、米国の市場規模は800億~1000...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン