/

この記事は会員限定です

台湾有事、軍事の前に考える

[有料会員限定]

台湾有事に関する議論がかまびすしい。シンクタンクなどは実戦のシミュレーションも行っているが、以下は民間企業からの一考察である。

台湾有事の際、真っ先に挙がるのは半導体供給が途絶するリスクである。これは日本企業に限ったことではない。台湾製の最先端半導体のユーザーは米国の巨大IT企業だ。グーグルやアマゾンの経営がまひすれば、ただちに世界経済が混乱するだろう。日本企業は脇役と言っていい。

逆にGAFA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません