/

この記事は会員限定です

大阪都構想、再び否決 住民投票で僅差

大阪市存続 松井市長、任期満了後引退へ

[有料会員限定]

大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」の是非を問う住民投票が1日投開票され、反対多数で否決した。2015年の前回の住民投票に引き続き僅差で、大阪市は政令指定都市(総合・経済面きょうのことば)として存続することが決まった。10年間続いた都構想の議論が事実上、決着した。

関連記事総合・政治総合・経済社会2面に

住民投票は僅差で否決された15年以来、2度目。大阪維新の会は元代表の橋下徹氏が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン