/

この記事は会員限定です

国内のクルーズ事業者、感染対策 届け出義務化

乗客分散やごみの密閉など

[有料会員限定]

国土交通省は国内のクルーズ事業者を対象に感染症対策のマニュアルの届け出を義務化する。業界のガイドラインに沿って対策手順を策定してもらい、届け出後は手順通りに実施しているか監査する。多数の乗客・乗員が長時間滞在するクルーズ船の感染症対策を徹底する。

海上運送法の規則を改正し、安全管理規程に衛生管理の項目を追加。2日に公布・施行する。

対策マニュアルは業界団体の日本外航客船協会(東京・千代田)が国交省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン