/

この記事は会員限定です

安倍派 混迷の後継選び

「塩谷会長案」森氏が一蹴

[有料会員限定]

自民党最大派閥の安倍派(清和政策研究会)は会長の不在が長くなる公算が大きくなった。9月27日の安倍晋三元首相の国葬後を節目に新会長を選出する段取りを描いたが、所属議員の反発が強かった。代替わりの時期を逸した。

当面は塩谷立、下村博文両会長代理らが集団で運営する仕組みを続ける。いったん会長を立てる案がまとまりかけたが、頓挫した。長老と若手の反対が原因だった。

当初は塩谷氏が会長に昇格する案が有力だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません