/

この記事は会員限定です

「ベア前向きに検討を」 経団連方針案

若者世代に手厚く

[有料会員限定]

経団連は2023年の春季労使交渉(春闘)で、基本給を一律に上げるベースアップ(ベア)などによる積極的な賃上げを打ち出す方針を固めた。物価高による働き手の実質賃金の目減りに配慮する。会員企業に物価動向を重視して「賃金引き上げのモメンタム(勢い)の維持・強化に向けた前向きな対応」を呼び掛ける。(関連記事政治・外交面に

7日に開く正副会長会議で交渉の基本姿勢案を示す。詳細を詰め、交渉指針として23年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません