/

この記事は会員限定です

塩野義、コロナ薬の治験延期

優位性確認できず

[有料会員限定]

塩野義製薬は30日、研究開発中の新型コロナウイルス治療薬について、臨床試験(治験)の開始を延期すると明らかにした。当初は2020年度内の開始を目指していたが、未定とする。治験に先立つ評価試験で、新型コロナ薬に転用されている既存薬と比べて優位性が確認できなかった。

塩野義は北海道大学などと連携し、治療薬の研究開発を進めている。研究の過程で見いだした化合物について、有効性と安全性の評価試験を実施していた。安全性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン