/

この記事は会員限定です

小野寺正(30)ソサエティー5.0

情報通信の新時代開く 豊かな社会へ 次の革新に期待

[有料会員限定]

半世紀にわたり情報通信事業に携わってきて、忘れられないのは東日本大震災である。故郷の仙台にも大きな爪痕を残した。私の頭の中には、陸と海が複雑に入り組んだリアス式海岸の三陸地方は歴史上たびたび大津波に襲われたが、単調な海岸線の続く仙台近辺は津波とは無縁という思い込みがあった。ところが2011年3月11日の午後、強烈な揺れが東京を含む東日本一円を襲った後に、テレビをつけると、信じられない映像が飛び込ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン