/

この記事は会員限定です

赤神諒「太陽の門」(248)

[有料会員限定]

「やっと、傷が治りかけていたのにな」

「死ぬば治るさ。あと少しの辛抱だよ。さあ答えろ、リック。司令をどこへ隠した? 今や〈屑(くず)のミアハ〉は最高の戦利品でね。公開処刑も盛り上がる。統領(カウディーリョ)がいたくお喜びになるのだ」

ペドロが銃口をリックの眉間に押し当てた。ファシスト流の殺し方だ。

「勝負ありか。ペドロ、飲み仲間だった誼(よし)みに、最期に一つだけ、頼みがあるんだがな」

「聞いてやれんだろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン