/

この記事は会員限定です

食品ロス削減 道半ば 推進法1年、消費者に変化

コロナで余剰増 工夫必要

[有料会員限定]

食べられる食品の廃棄を防ぐ食品ロス削減推進法の施行から10月で1年を迎えた。国は30日を「削減の日」と定め、自治体や企業だけでなく、消費者にも行動の変化を求める。新型コロナウイルスの影響で余剰食材が増えるなか、新たな工夫も求められている。

東京都新宿区の書店の軒先に「夜のパン屋さん」が10月、オープンした。開店は毎週木金土曜の午後7時半。ホームレスの自立支援のため雑誌販売の仕事を提供する「ビッグイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン