/

この記事は会員限定です

EV再加速(4) 日本勢、協業で巻き返し

[有料会員限定]

岡山県倉敷市にある三菱自動車の水島製作所。ここで造られてきた世界初の量産電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」が、来年3月末までにひっそりと生産を終える。

2009年の発売当初は脚光を浴びたが、航続距離が160キロメートルしかないうえ、性能向上のための資金や開発力が不足。結局、後発の米テスラなどに追い抜かれた。三菱自の幹部は「燃費不正問題などを抱え、経営に余力がなかった」と唇をかむ。

一方、同工場では入れ替わる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン