マルセイユ監督の日本愛

2020/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サッカー日本代表の酒井宏樹、長友佑都が所属するフランスのマルセイユを率いるのはポルトガル人のアンドレ・ビラスボアス監督だ。共同ピーアールと日本国内でのマネジメント契約を結んだことから29日にリモート会見を行ったが、今月、43歳になったばかりの青年監督は日本への熱い思いを隠さなかった。

経歴はユニークだ。16歳の時、イングランドの名将ボビー・ロブソン(当時FCポルト監督)に献策した手紙が縁で、ポル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]